法人・個人・消費税の知識

地代、家賃や権利金、敷金など

地代

土地の譲渡や貸付けは、消費税の課税の対象とならないこととされています(非課税取引)。
なお、土地の貸付けのうち、貸付けに係る期間が1か月に満たない場合および駐車場その他の施設の利用に伴って土地が使用される場合は、非課税にはなりません。
土地には、土地の上に存する権利も含まれます。土地の上に存する権利とは、地上権、土地の賃借権、地役権、永小作権などの土地の使用収益に関する権利をいいます。

家賃

事務所などの建物を貸し付ける場合の家賃は課税の対象となります。
この場合、家賃を土地部分と建物部分とに区分している場合でも、その総額が建物の貸付けの対価として取り扱われます。
なお、住宅用としての建物の貸付けは、貸付期間が1か月に満たない場合などを除き非課税となります。
ただし、契約において住宅用であることが明らかにされているもの(契約において貸付けの用途が明らかにされていない場合にその貸付け等の状況からみて人の居住の用に供されていることが明らかなものを含みます。)に限ります。

権利金、敷金などの取扱い

  1. 地上権、土地の賃借権の設定に伴い授受される更新料や名義書換料は、土地の貸付けまたは土地の上に存する権利の設定の対価として、非課税となります。
  2. 事業用の建物の賃貸借契約の締結や更新に伴う保証金、権利金、敷金または更新料などのうち、返還しないものは、権利の設定の対価となりますので、資産の譲渡等の対価として課税の対象となり、契約の終了により返還される保証金や敷金などは、資産の譲渡等の対価に該当しないので、課税の対象にはなりません。ただし、住宅用建物の賃貸借契約の締結や更新に伴う保証金、権利金、敷金または更新料などのうち、返還しないものは非課税となります。
  • 根拠法令等
    消法6、消法別表第1一、十三、消令8、16の2、消基通5-4-3、6-1-2・3、6-1-5、6-13-9

関連記事

LINE友達追加
LINEQRコード
コラム
Image

最近の記事

  1. 所有権移転外リース取引

  2. 個人事業主がふるさと納税をするとメリットがある?

  3. 地代、家賃や権利金、敷金など

アーカイブ